皆さんは、ギャンブルは単なる趣味だと思いますか?誰もが人生で少なくとも数回は疑問に思ったことがあることでしょう。その答えは、想像以上に流動的で、答えるのが難しい問題です。ギャンブルは依存症に陥ってしまう可能性がありますが、ポイントはそれだけではありません。今回の記事では、ギャンブルが趣味になり得るか、なり得ないか、また、すべてのギャンブル行為が依存症とみなされるかどうかについて詳しく見ていこうと思います。

そもそも「ギャンブル依存症」とは?

ギャンブルであれ、薬物であれ、ほとんどの依存症患者は、自分が依存していることを受け入れようとしません。現実を受け入れられないどころか、自分は依存なんかしていないと思い込んでいるのです。これは通常、アルコール依存症の人に起こります。依存度合いが高まると、強迫的にもっと手を出すようになります。この状態まで到達してしまうと、もう手に負えなくなり、あらゆる行動に変化が見られ、大金を失うほか、自分の存在感を認識できなくなります。感情的な状態がずっと続くと、自分自身だけでなく、身近に大切な人にも悪影響を与えてしまう可能性があります。依存症患者は、生涯かけて築いてきた人間関係を、たったの数ヶ月で完全に壊してしまうこともあるのです。

ギャンブルは単なる趣味になり得る?

初めてギャンブルをする人は、ほとんどの場合、友達に誘われてやることになります。これはタバコと同じで、他の人から勧められてはじめた人は、自らはじめた人よりも、吸い続ける可能性は低いです。その人の現在のライフスタイルによっては、ギャンブル依存症になるのがより遅かったり、より早かったり、全くならなかったりします。

さて最初の質問に戻ってみましょう。「趣味」という言葉を分解して考えるとすると、「はい、ギャンブルは単なる趣味になり得る」というのが答えです。どんな趣味でも有害になる可能性はゼロではないので、ギャンブルも趣味になり得ます。川にお金を捨てることは趣味にはなり得ませんが、ギャンブルは趣味になり得ます。本質的に似ているじゃないかと思われるかもしれませんが、ギャンブルはゲームプレイというエンタメを提供してくれます。

royal flush of shamrocks between betting chips

ギャンブル依存症かも?と思われるサイン

  • アドレナリンを感じるために、賭けをしまくる
  • ギャンブルをストップすることができない
  • 徐々にコントロールが効かなくなる
  • ずっとカジノについて思考してしまう
  • 現実から逃れるためにギャンブルをする
  • 負けを取り返そうとする
  • 大切な人に嘘をつくようになる

まとめ

完全に依存してしまう前に、まずは自分自身がギャンブル依存症になり始めていることを自覚することが一番大切です。素直に現実を受け入れることができれば、改善に向けて努力するようになります。他方、ギャンブルは十分に「趣味」になり得る娯楽です。意志が強く、自分をコントロールでき、リスクもなく純粋に楽しんでギャンブルをしているのであれば、それはたしかにギャンブルを趣味と呼ぶことができるでしょう。

どんな場合においても、自分の状態が良くないことに気づいたら、一刻も早く、周りの人や精神科医に相談するようにしましょう。